エンジニアがキャリアを高めていく方向性は

itエンジニアとして働いている人の中で、将来的なキャリアアップを考えずに漫然と働くだけの人は少ないでしょう。
誰しも10年後、20年後に自分のあるべき姿を考えながら働くものです。
しかし、そのキャリアアップの方向性が市場が求める人材と一致していないと、自分が高めたいと考えているスキルも無駄になってしまうかもしれません。

では将来的にitエンジニアにとって求められる仕事に関するスキルの方向性とは、一体どのようなものでしょうか。
まずitエンジニアはどうしても新技術を覚えている人間が重宝されるので、若い人材が活用される傾向にあります。
古い技術を持っている人間が使われないわけではありませんが、新システムを開発したい、トレンドの方向性に沿ったシステムを作りたい時などは新し技術を持っている人間が重宝されます。

そのように人材の入れ替わりが激しく流動性が高い業界なのですが、一方で人材をマネジメントして、うまくシステム開発をリードしていく人間が求められているという現状もあります。
そこまで仕事に習熟していく前に辞めてしまう人間も多く、ベテランと呼べるような人材は足りてません。
ゆくゆくはリーダーからマネージャー、そして管理職となり、豊富な経験で人材を集めて開発のために活かしていける人間こそが市場価値の高い人材となっています。
なので、キャリアアップをしていくためには、案件をまとめていったり、現場のリーダーとして働くような、自分をマネジメントの方向性で高めていける経験を積むことが重要といえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です